キンミヤハイボール

ついに手に入れた!キンミヤ焼酎。

この焼酎に出会ったのは、一昨年のカレンダー展の時期だ。お気に入りのあるラーメン屋があり、そこで汁なし坦々麺を食べるのが、岡山の街に出た時の楽しみのひとつなのだ。

ある時、このラーメン屋のメニューの中に『キンミヤハイボール』というのがあって、気になって一杯飲んだのが始まり。

透明に泡立つ焼酎割に生レモンが入れてあって、見てるだけで爽やかな一杯だった。それまで外ではほぼビールしか飲まなかったので新鮮な気分だった。

はじめて飲んだキンミヤハイボールは、どちらかというと清涼飲料水といった印象のスキっとした飲み心地だった。レモンの香りのおかげでアルコール感がやわらいでおり、炭酸の爽やかさもあって、ヘタしたらゴクゴクいってしまいそうな飲みやすさだった。そこからこのラーメン屋に行った時は必ず汁なし坦々麺とキンミヤハイボールを頼むようになった。

そのキンミヤハイボールを家で飲みたいなと思っていたのだが、ついに購入してしまった。これで家で飲み放題だぜ。

こちらが自家製のキンミヤハイボール。生レモンは無いので、柚子果汁をプラス。あのラーメン屋の味に近い美味さを再現。やはり飲みやすい。せっかくだったので、はじめにロックでキンミヤ焼酎自体の味を確認。なんとなく柑橘系の香りを感じた。そして、25度だがロックでもまろやかで非常に飲みやすい。

このところ、ビールよりレモンサワーが好きになってしまっている。この夏はこのキンミヤを大切に飲みたいなと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

「3回目接種」

次の記事