農作業のおぼえがき(長い休み)

8月5日から8月9日まで5日の休みを頂いた。
5連休というのは大変ありがたい。
この間の作業は、草刈りや水やりなど。
昨年程ではないが、やはり雨が降らないので、畑が乾ききっている。連日の猛暑で地面がひび割れ、土はカラカラ。
そのため、夕方にはぶどう畑に水をまく。この水やりも気休めでしかなく、やはり長期間雨が降らないのは困る。

草刈りも、これまで刈ってきた場所に関しては、日射しの強さや暑さもあるのか、そこまで草が生えてこない。
しかし、刈り残した場所がまだあるので、そこを刈った。

それ以外は家からほとんど出ず、久しぶりに、ほんとうにのんびり過ごした。
以前は、休みだからこそ何かしなくちゃいけないという考えが強かったけど、
今はコーヒーを飲んで読書したり、昼寝したり、なんにもしないという時間を大切にしている。

6、7日は草刈りをかなり頑張った。
8日は近くのお寺での草刈りの手伝い。
昨年に続いて2回目の参加。相変わらず暑くて大変だったが、大勢での作業だったので午前中で終わった。
今年は地域の事にあんまり参加してない気がして、久しぶりに参加できてよかった。
この日の夜から久しぶりの雨。台風にのため、かなりまとまった雨が降った。
9日は降ったり止んだりのくり返しだったが、唐辛子畑の苗が風で倒れたりしていたので、カッパを着て応急処置をした。
その後、雨が止んだら外に出て、唐辛子畑の草抜きをした。

この畝が草でいっぱいだった。
雨が降らないと、土がガチガチに固まって草が抜けないし、降ったら土がベットリこびりついてやはり抜けない。悪戦苦闘しながら抜いていく。草刈り機も刈りにくい場所なので手作業。

唐辛子はもう色づいていて、愛子さんが収穫している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA