展示会の風景 その4

元気のでるカレンダー2021 原画展に今日も在廊。
ありがたい事に毎年必ず来てくれる人が何人かいる。

その1人が高校の同級生「けいくん」だ。
高校の頃、なぜか吹奏楽部に入っていて、けいくんとはそこで出会った。
それまで5人くらいだった吹奏楽部が僕らの代でいきなり50人とかになって、ほとんど毎月なんかの演奏会があって大変だった。
最終的には30人前後で落ち着いてたけど、顧問が怖くて毎日プレッシャーの日々だった。
正直この部活が必要だったのかどうかいまだによくわからない。


コントラバスを担当してたけいくんは最初の1年くらいで部からいなくなったけど、なんやかんやで20年経った今でもこうやって会えている。
彼は音楽をしていて、1回だけライブに行った事がある。いわゆる地下ライブで、僕はそこの空気感がとても好きだった。
ずっと入り浸っていられるような場所だった。
今はコロナのせいで気軽にこういうライブにも行けない。

このけいくんはイラスト展をすると必ず来てくれて、僕の事を誉めてくれる。
いくつになっても、誰に誉められても、誉められるとうれしい。
そして今年はそんなけいくんが女の子を連れてきたのである。

なんでも婚活で知り合ったそうで、かなりかわいい女の子で、本当にけいくんでいいのか?(失礼)と思ったほどだ。
けいくん本人もそういってたけど、なんせその時点で出会って1週間だから、ここではあえてけいくんの彼女とかは書かない。
僕もことさらその辺に言及する事なく、彼女とけいくんにイラスト紙袋などをプレゼントした。
その彼女は猫と競馬の熱心なファンだそうで、猫とおなじくらいのテンションで馬を熱く語っておられた。
熱く語ってるのがEX◯◯Eとかだったら望みなしと思ったが
まぁ、馬と猫ならけいくんとうまくいくのかな…。とちょっと安心したりした。

基本的にリア充とかはお断りだけど、身内のリア充は大歓迎であるし、心から応援したい。
けいくん。ちゃんと誘うからまたお茶しようね。いつもありがとう。
あと幸せになってくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ホステル(映画のはなし)

次の記事

展示会の風景 その5