お米ができるまで2022

先日、苗床づくりをした。事前に種籾を水に浸けておく。水温13℃で数日置き、苗床を作る前に水温を23℃(だったっけ?)にして2昼夜。そして、上の写真の作業に入る。

土の上に種籾を蒔いていく。そして種籾が隠れるように土を被せる。その後は育苗器にセットして32℃にしておくと種籾が発芽する。

3日ほどでこの通り。これが苗になって稲になる。それはまだ先だけど、とりあえず第一段階はうまくいきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

入学式とWordPress

次の記事

人間は怠けたい