ストウブで米を炊く

昨夜、義母さんが
「この前、この鍋でご飯炊いたらおいしかったよ」
とぽろっと言っていたので、え?炊けるの?と思い、今朝挑戦。

この鍋は結婚記念にその当時の勤め先の上司にもらった鍋「staub ストウブ」だ。
結婚してからずっと愛用している鍋。なんでも作れて非常に重宝する。
なんとこれでご飯も炊けるらしい。

炊飯器に4合用意してあったので、それをそのまま鍋に移し、薪ストーブに設置。
5合入れてもいいんじゃないかというくらい、まだ容量には余裕がありそうだ。

薪に火を着けるのもすっかり慣れた。
薪をしっかりくべて、十分な火力にする。このストーブでみそ汁も作れるから便利だ。

炊けるのを待ってる間に朝ご飯を作り、洗濯機を回す。
合間にストーブで湧かしたお湯でコーヒーを淹れる。この一杯が朝の楽しみ。
ひとときの贅沢な時間を過ごす。

そうこうしていると、鍋が煮えだした。
中はどうなっているのかなと想像しながら、コーヒーを飲んだり、洗濯物を干したりする。
まるで1人キャンプでもしているような気分で楽しい。


そろそろか?と思ってフタを開ければこの通り。
めちゃくちゃ美味しそうではないか!
黒豆が入っているのは、義母さんのこだわり。
この辺で朝6時ごろ。嫁さんが起きてきた。

こちらがストウブで炊いたご飯だ。
ふっくらと炊けていて、とてもおいしい。
まだ子供たちは寝ているので、お先に1人で「いただきます!」

鍋の側面にはおこげもできていて、これも美味しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA