高梁市図書館で製本教室


先月の話になりますが、高梁市図書館にて和本のワークショップを開催しました。

おかげさまで、定員いっぱいの状態で賑やかに製本ができました。


今回作ったのは、四ツ目綴じの綴じ本。
(トップの写真は右開きになっていますが…)
実は、はじめて作る人には結構難しい本なのです。
やったことがない人にとっては、紙を2つに折る作業もひと苦労だし、表紙を合わせたり、糸で縫ったりと、慣れたら簡単だけど、いろいろな工程があるのです。
なので、毎回どうやったらきれいに作れるか試行錯誤しています。

今回、少しだけ使う道具を変えてみました。
そして、表紙のアレンジは省き、あくまで本を作ることをメインにして、なるべく丁寧に指導することを心がけました。

結果として、とても良い仕上がりの本が多かったです。
多少、折などが不揃いなものがあっても、使用には問題なく、逆に愛着が持てるものになったと思います。

表紙のアレンジはとても楽しいし、個性が出るので本当はやりたいんですが、限られた時間の中で製本するので悩ましいところです。

次回は、ワンポイントなどで表紙にアレンジを加えても良いのかなと思ったりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

論語

次の記事

絵を描こう