フューチャーヒャクカフェ

先日、愛子さんと倉敷巡礼に行った。取引先店の在庫確認と新しい取引先さまへのご挨拶など。
今年の目標は「できることをやる」である。
カレンダー展の準備や広報、営業活動など、その時できることをとにかくやっていった。
ぶどうも、「やらないよりもマシ」の精神で、朝の10分、20分や帰ってからの10分、20分、休日など、できるだけ畑に出ようと努力した。ぶどうや唐辛子に関しては、完全に愛子さんと義父さんに頼りっきりだったけど、なんとか関わる事はできた。


そんな倉敷巡礼でお昼に立ち寄ったのがフューチャーヒャクカフェさんである。
結婚する前に1回だけ行った事があるカフェで、倉敷に行くたびに愛子さんが行きたいと言っていた。でも、お店が休みの日に当たりがちでなかなか行けなかったが今回は開いてた!

こんな佇まいのお店。
たしか、電気グルーヴみたいな人がやってたよなと思って店内に入ると、やっぱり髪の長い電気グルーヴみたいな人がやっていた。店内は本や雑貨などがいっぱい。感染症対策をばっちりやって中に入る。
メニューはシンプルで食べるものはオムライスやホットサンドなど。しかし、事前に予約すればこだわった釜炊きご飯のランチが食べれるっぽい事が書いてある看板がちらっと見えた。この辺は実際に店に行ってご確認ください。

今回頼んだのはクロックムッシュとクロックマダム。
イギリスパンにハムとチーズを挟んで焼いたものである。これに目玉焼きを乗せるとマダムになる。調べるとこれはけっこう有名なホットサンドのレシピのようだ。

こちらがヒャクカフェさんのクロックムッシュ。とりあえず、皿が洒落ていて料理映えが良い。

そしてこちらが私が注文したクロックマダム。38歳男でもけっこうお腹いっぱいになるボリューム。
ムッシュはパン2枚に対して、マダムは3枚。パンとパンの間にハムとチーズが挟まっている。マダムにのっている目玉焼きはほんのり半熟。かぶりつくと黄身がトロっとしてうまい。
しかし個人的なポイントはこのパンの厚み。市販のパンよりやや薄め。これが絶妙なフワサク感で、個人的にこのパンにバターを塗って食べてみたい感じがした。
マダムもムッシュもできたてはかなりアツアツ。うかつにかぶりついた私は、とろけたアツアツのチーズで上あごをやけど。
次回は落ちついて食べようと思う。
この分だとメニューにあったオムライスも期待できるので食べに行きたいけど、たぶん行ったらまたクロックマダムを食べる気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA