今週の「青天を衝け」

1週間の楽しみである「青天を衝け」
今週も良かった。
今週の見どころは、なんといっても平九郎の最期だ。
慶喜不在の中、立ち上がった彰義隊は、新政府軍にあっという間に全滅させられる。
ドラマ内でくわしく描写されないが、この指揮を執ったのは長州藩の天才的戦略家である大村益次郎である。
潰走する彰義隊からはぐれてしまった平九郎は、新政府軍に囲まれる。
死期を悟った平九郎は名乗りを上げて立腹を切る。
この死に様が、かっこよかった。
土佐の武市半平太以来の見事な切腹シーンだった。
平九郎が追いつめられていく場面は、相当気合いが入っている。
ここまでの迫力をもったシーンはなかなかない。

そして、慶喜。
幕臣達の期待を一身に背負い続け、その重圧の中で時代に翻弄され続けた慶喜。
彼が下した決断は、恭順だった。
みんなの期待が失望に変わっていく中で、ひたすら恭順し続ける姿を、見事に演じていた。すばらしい。

来週も見逃せない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA